メルカッツ 提督。 この戦法は…メルカッツ提督…。よろしい、本懐である

双璧のをして、当に元帥になっていてもおかしくは無いと評されていたほどなのにである。 作戦を挫かれたホーランドは諦めず機会をうかがい、会戦の後半で参謀長グリーンヒルに起用される。 それと同時にこの会戦でメルカッツは自由惑星同盟軍第6艦隊に対して不意を付いたとはいえ、その混乱も利用して効果的に攻撃し、第6艦隊を壊滅させる事に貢献した。

私がヤンの3つの矛盾に注目したのは、これが全く最悪の形で創竜伝に受け継がれており、しかも創竜伝のストーリー破綻にも少なからず影響していると考えるからです。 輸送艦の都合が付けられず、軍需物資を民間委託で前線まで輸送する必要が生じた。

Next

同盟軍中将待遇 でイゼルローン駐留艦隊(ヤン艦隊)の客員提督に就任する。

Next

ヤンは常に戦争を嫌い、そして戦争を遂行する立場にある自分自身を嫌悪していました。

かけがえの無い人だった・・・。 ミッターマイヤーやケスラー、ルッツといった非貴族層の士官もいるから、バカ貴族の子守と護衛を兼ねるためにも、実力のある軍人は必要だったのでは。 レダ級高速巡航艦は耐ビーム傾斜装甲の同盟初実装や大口径長射程の主砲搭載など、攻撃・防御・推力といった基本的項目はもちろん、地味なところでは運用人員の大幅な減少に成功するなど、多くの面で従来の巡航艦に優っていたが、実戦配備に至った同クラスはこの艦とレダIIの2隻に留まってしまった。

一時は彼自身が前線に出てきてシャンタウ星域を堅守し、中将を退けさせた。 先程の遠征軍からの救援要請は謀略なり。 乱戦ではこれが有利に働く。

将兵の士心も得ており、死後も彼らから「故の勇名を辱しめるな」と士気の拠り所となっている。

Next

ようやく、私の折衷案が通ったようだ。

Next