新疆ウイグル 自治区 問題。 新疆ウイグル自治区の人権侵害、問題視される日本企業の社名や対応は?

またパスポートの期限が切れた際に、中国の在外公館では更新ができないといわれ、新疆ウイグル自治国に帰国したところを逮捕されたという事例もあり、中国政府がさまざまな方法でウイグル族を逮捕しようとしていることがわかるでしょう。

中国共産党がウイグル族とよび始めたのは1930年代末である。 100人以上がこうした状況に置かれているともいう。 1944年8月に新疆北部のイリ地区でウイグル人、カザフ人が蜂起、11月7日にはソ連国境に近いクルジャ(伊寧 いねい )で武装蜂起が発生した。

Next

植民のピークは1960年代末で、1970年にはウイグル人は自治区人口の半分を切った。 今年2月にはBBCが、漢民族管理者による女性収容者への性暴力を報じているほか、拷問も横行している模様である。

Next

2012年3月6日. 9月3日には、数万人の漢人がウルムチで報復のデモを敢行、5人死亡、14人が負傷した。 2009年7月5日ウルムチで、自治区政府発表では、15日までに192人が死亡、1712人が負傷する騒乱が起こった。 それ以外の日本企業の動き また、同報告書に言及されていない日本企業や自治体などでも注目すべき動きがある。

でも、、、、G3012高速道路()などが整備されて、以前よりは便利さが増した。 2004年には東トルキスタン民族会議と世界ウイグル青年会議が合流して、「世界ウイグル会議」ができた。 新疆産の綿花をめぐり、「無印良品」を手掛けるやなども難しい判断を迫られている。

Next

近代的教育を受けたウイグル人のウラマー(イスラム神学者)たちに率いられ、新疆での漢人官僚による民族差別と立ち遅れたウイグル社会への不満で立ち上がったのである。

Next

一方で日本は、制裁には慎重姿勢を崩さず「中国側と意思疎通を続けながら、状況の改善に向けた責任ある行動を強く促していく」だ。

Next