五木 の 模擬 テスト。 関西中学校受験 模試紹介 【中学受験わかばナビ】

集団の中での自分自身の位置を知るという意味では、やはり母数の多い後者の模擬テストのほうが適していると言えます。 よって、 公立高校の場合は、多くの生徒が私立高校と同様に2学期の模擬テストで志望校を決めていくことになります。

Next

しかし基本的には、私立高校の場合と同様に、正確な合否判定を受けることができる第6回の模擬テストで志望校を決める生徒が多いです。

Next

出題範囲をネットなどで調べて模試に向けた「試験勉強」をすることや、模試の「やり直し」をすることも重要です。 その後の12月以降の受験者数は、志望校が決定していることもあり、それまでに比べて少なくなる傾向にあります。 ) 新年度の詳細は、このサイトでも追ってご案内いたします。

Contents• 第3回の模擬テストをあらかじめ受けておくと、 9月に実施される第4回の模擬テストで 夏休みの間にどれほど学力が向上したのかを確認することができます。

Next

Sコースは午前の部の6年生の4教科を受験し、さらに午後から難関校向きの国語S・算数Sを受験していただくことにより、難関中学の合格判定をより正確なものとすることをねらいとしています。

Next

受験会場 実施日に会場で受験していただく模試です。

そういうわけですので、11月のピーク時の偏差値や合格可能性もあくまでも目安に、受験への最終カーブを乗り切ってほしいと思います。 次に、次回以降の会場を、選択肢からかならず選んでください。 また、 出願期間に関してもほとんどの私立高校が1月中に設定しています。

Next