気 が 知れ ない。 「気の置けない」=「気心知れた」ですか?「気の置ける」は、良くない意味なのでし...

「気の置けない同僚はいるの?」「肩のこらない会合にしたいと思ってる」などです。 だってそれは着倒して、相手が「もういらないよ」と格付けした「価値が低い」ものだから。

Next

のを飾った「腰」。 しかし一度「気の置けない」の意味がわかってしまえば「とても仲良し」「何でも話せる」などといくつもの言葉を重ねなくても、一言で相手との関係を的確に表すことができます。

「~ない」という打ち消しの言葉が入っていることで、なんとなく否定的なイメージを持ちやすくはなりますが「仲が良い」は「気の置けない」ですので、誤用に注意しましょう。 自分がいらなくなった服を選別してわざわざ送りつける。

Next

相手の言葉に対する認識を判断できない場合は「気を使う」「遠慮する」「気兼ねする」など一般的な言葉を使った方が間違いがないでしょう。 これは、によるののみなものだと思う。 この機会に自分にとっての「気の置けない」を探してみるのも良いですね。

「今日の会議は気の置けない雑談が多くて楽しかったな」• 「肩のこらない」というのは「緊張しない」という意味です。 「気の置けない」=「気心知れた」? 「気が置けない」=「気心が知れた」 気心が知れた 相手の性格や本性が分かっている間柄。

Next

「置く」を「置かない」ではなく「置けない」とするのは「気を置きたくても(使いたくても)、それができないほどのざぅくばらんな様子」を表すためです。

Next

惨めだった。

Next