サピエンス 全 史 要約。 サピエンス全史の要約あらすじ・虚構を信じる人類の幸福というテーマ

例えば、家畜化された豚とか牛は、種の繁栄という点では、人間のおかげで大成功したが、だからと言って、残酷な食肉産業で苦しみながら生きる動物たちが報われたとするわけにはいかない。

Next

(サピエンス全史) 『 サピエンス全史』で紹介される仏教は、快い感情を幸福だと思っているが、それは束の間の心の揺らぎで、決して報われない。 ハラリは、 「小麦が自らに有利な形でサピエンスを操り、サピエンスは小麦に家畜化された」というユニークな見方をしている。 「同じ神を信じる集団」ということで 国家が生まれた、 と説明するのです。

Next

「虚構」が考えられると、超人的なモノを使い人間に社会的規範や価値観を定着させられます。

Next

EDUCATION Change is the only constant 教育 変化することだけが変わらない 20. 10年以上前からハラリは、年に数週間の休みを取ってインドで瞑想をして過ごしている。 そしてそれは、あらゆる国のあらゆる人を守る必要があることを意味する。

Next

そのあとハラリは、未来のこともちょっと言及しているが、本格的な未来予想は、 『ホモ・デウス』という次回作にあたる著作で書いている。 それをこんなにわかりやすく書いてしまった。

Next

だが、感染症を封じ込めるのに短期の隔離は不可欠だとはいえ、長期の孤立主義政策は経済の崩壊につながるだけで、真の感染症対策にはならない。 人類が直面する地球規模の問題にフォーカスせよ」、「現実と幻想を見分けられるようになれ」、「苦しみに関心を向けよ」などだ。 コンピューターの知性が、人間を超えはじめている。

こんなエピソード満載なのですから、ついつい読んで披露したくなってしまうわけで、さすが世界的ベストセラーです。

Next