ベイルート の 爆発。 ベイルートの大規模爆発で国内最大の港が破壊…… レバノンで食料不足の危険が高まっている

爆発現場となった倉庫は跡形もなく消し飛び、地面は大きくえぐれ幅124m、深さ43mのクレーターが形成された。 レバノンは爆発前から深刻な経済危機に陥っており、市民の購買力は既に落ち込んでいる。 2020年10月9日現在、犠牲者203人、負傷者6,500人余りに上っている。

Next

- に発生した、硝酸アンモニウムを含む肥料をする際に起こった爆発事故• 2020年8月4日閲覧。

Next

The Times of Israel. ・硝酸アンモニウムの供給会社は「Rustavi Azot LLC」。

Next

Reuters その結果、政府関係者によると、北部の都市トリポリにあるレバノン第2の港がパンク寸前だという。 イスラエルは、と同様に爆発への関与を否定した。 船はこれに従ってベイルートに入港したが、運航規則に違反したとして港湾当局に差し押さえられた。

Next

政党の書記長であるナザールナジャリアンは、重傷を負った後に亡くなった。 としか言いようがない。 2020年8月4日閲覧。

レバノンでは爆発を受け、当局の怠慢や腐敗体質が招いた「人災」とする批判が高まり、反政府デモが拡大。 レバノンのベイルートに駐在し、医療や保健分野の事業の支援にあたっている、日本赤十字社の五十嵐真希中東地域首席代表は一時帰国していた日本で爆発の一報を受け、その直後から現地スタッフらと連絡を取り合い、けが人の救助などの支援計画を立案してきました。 原因は不明。

Next