レッグ ウォーマー 作り方。 穴開き靴下で分厚いレッグウォーマー作り|冷えとりブログ【冷え取り靴下通販】

一番作りたかったのはレッグウォーマーです。 編み棒でレッグフォーマーを作る場合は、一度一枚の布状に編んでいき、最後に綴じ針でとじ合わせる作り方になります。 毛糸を選ぶときにも、毛糸の種類に注目してみてくださいね。

縄編み棒• 自分の好みのストライプの幅で色を変更する。

Next

そのため、編み物初心者でも単純な作業を続けていれば編めてしまうのです。 。 動画では、二つのレッグウォーマーを同時に作っているのでわかりにくいですが、飛ばしながら見てみてくださいね。

Next

長編み• ネイビー• 動画では、メリヤス編みの編み方のみが紹介されていますが、編み方が違うだけでほかのレッグォーマーと構成は一緒ですので、ぜひ他のものも参考にしながら編み進めてください。

Next

かぎ針• お好みの毛糸• 3裏編みの編み方は、右針で一番手前の網目に針を通し、奥から針を入れ引き出します。 綴じ針で縦に縫い合わせて行けば完成! A post shared by ponko2014 on Sep 17, 2018 at 10:09pm PDT エストニアスパイラルという編み方のレッグウォーマーです。 今の季節はさすがに暑いので冬に向けて今のうちに作っておきました。

Next

少し太めの色が混じっている毛糸なのですが、アクリル100%なのに、その肌触りはまるでウールのようにフワフワなんです。

Next

所要時間• レッグウォーマーを編むときに、 編み物初心者の人は太めの毛糸を使うと、編んでいる途中で迷子になりにくいので失敗も少なく最後まで編むことができますよ。

Next

変化を付けたいオシャレ女子は、毛糸の色を変えてストライプにするのがおすすめです。