琴 勇輝 引退。 琴勇輝引退 13年の土俵人生に幕 日馬富士から金星も

11月場所6日目の德勝龍戦で左膝を負傷。

Next

以降、実直に稽古を重ね、県出身力士として56年ぶりの関脇昇進を果たすなど、停滞していた県相撲界をもり立てた功績は大きい。 中学時代、障がいのある生徒が在籍するクラスが合唱を披露した際、音程が外れ、見ていた生徒から笑いが漏れた。 13年初場所で新入幕。

加えて番付も落ちてしまった。 翌5月場所より四股名を琴勇輝一巖に改めた。 引退に触れて「香川の相撲を盛り上げた一番の功労者。

Next

けがした時の自分は上に上がるより、土俵の上で立って相撲が取れるかという気持ちだった。 幕内は33場所で207勝229敗59休。 1991年4月2日生まれ。

Next

復帰後は迷いのない突き押し相撲にさらに磨きがかかり、15年夏場所(西前頭15枚目)から5場所連続の勝ち越し。

香川県小豆島町出身(出生は同丸亀市)、佐渡ケ嶽部屋。 藤原さんは「あれはかなりの感動を誘ったと思います」と、当時を懐かしむ。 - 相撲レファレンス. 馬力のある押し相撲を持ち味に、平成25年の初場所で新入幕を果たしました。

Next