大豆田 と わこ 視聴 率。 週間高世帯視聴率番組10

一体どうなっているのだろうか…。

Next

これも主演女優の宿命かと思いきや、前出・木村氏はこんな見解を披露する。 一方、元夫たちは離婚してもなお、とわ子に対して何らかの思いを抱えているようで…。 コアターゲットやキー特性など、呼び名は違いますが、ほぼすべてのテレビ局が13歳から49歳などの視聴者層に向けた番組作りを進めていて、視聴率が低いから失敗という見解は時代遅れ。

2017年に大ヒットしたドラマ『カルテット』(TBS系)でコンビを組んだ松たか子&脚本家・坂元裕二氏という組み合わせだったが、初回世帯平均視聴率は7. こんな要素多くて、岡田さんはフリートークが面白いキャラだから、そのまんまですごい良かった。 実はこのナレーションに対して、ドラマに合っていないとの声やナレーションがなぜあるのかという意見も見られました。

Next

7 6. この視聴率では、失敗と言われても仕方ないだろう。

「松たか子とが共演し、坂元裕二氏が脚本という布陣は、17年に放送され、数々の賞に輝いた『カルテット』(TBS系)と同じ。 数日後、とわ子は、門谷から突然、プロポーズされるが……という展開だった。 2017年のコンフィデンスアワード・ドラマ賞年間大賞では、『カルテット』が最多の5部門を受賞しています。

Next

4 2. 5 7. 5 9. 2 7. 5 4. 1 6. ストーリーとこの先の展開は気になるんだけど、演出とかノリが合わないから見続けるか悩む。 また、視聴者の感想も. 5 2. 「先日、都内の花屋で早朝ロケが行われたのですが、松たか子さん(43)はハイテンションで、店頭の花を見て『わ~』と嬌声をあげていました。 業界や玄人ウケするのでしょう」(芸能記者) とはいえ、大衆にウケる作品が正義とされるテレビ業界。

Next