メンチ メーター。 メンチメーターを使った総合的な学習

AERA 2020年6月29日号では、オンライン学習を取り入れている学校を取材した。 うまくいってなかったチームは上手くいかない。

Next

高度教職開発部門の庭山和貴准教授は、Zoomを利用した授業で、受講時の設定ルール(ミュート、カメラのオン・オフなど)を提示。

Next

4年生がパソコン教室で楽しそうにiPadを使った授業を行っています。

Next

ZOOMのチャット機能で質問や意見を受け付けたのですが、オフライン授業の30倍くらい意見をもらえました。 ホワイトボード機能• その後、参加依頼をメンバーへ向けて、会議内容やアジェンダとともにメールなどで送信します。 主催者 ホスト から招待URLや招待メールが送られてきますので、それぞれの招待URLをクリックしましょう。

Next

そして実際のワークショップでは自分がどのスタイルが得意、不得意なのかを点数化して 現実と理想を点数化してもらいました。 時間配分の問題もありますが、あらかじめ質問に回答する時間を多めに取っておくと、時間が圧迫されないでいいと思います。 これはiPad画面に指やタッチペンで書いた絵や文字などを相手に共有しながら見せ合うことができるというもの。

今まではせっかくクリアしたのに亀クエだよ~って不満がありましたが、その救済策です。 もしそれらの手間を省きたいのであれば、有料プランへの切り替えがおすすめ。 そうならないために有料ライセンスが人気です。

Next

。 スポーツ科学部門の橋本恒特任助教は、オンラインでの体育実技の授業について、オーストラリアで開発されたF45というトレーニング手法を取り入れた実践事例を紹介。 学習の移行についてはそのうち勉強してみます。

Next