缶 バッチ 梱包。 【梱包から発送まで】缶バッジ

テープはセロハンテープなどはがれにくいものにしましょう。 追跡番号がありますので後ほど状況を確認することができます。

缶バッジが生身の場合はopp袋に入れて、その上からプチプチ(気泡緩衝材)を2重~巻くのが一般的な梱包方法のようです。 あの綺麗で透明な袋がOPP袋と呼ばれる袋で、プレゼントなどの中身が見えつつも保護してくれる優れた袋になります。

お相手からの了承が得られるなら、こちらの発送方法でも問題ないかと思います。

Next

4.封筒などに入れて完成 封筒や箱に入れたら完成です。 (写真提供:妹より) もちマスは比較的硬めなので、このような梱包でも問題ないかと思いますが、おまんじゅう系は箱に入れての梱包を求める方もいらっしゃいます。

Next

またポケットに入れるだけで保存が完了なので、大量の缶バッチがある方には手間が省ける魅力もあります。 OPP袋(A6サイズ)• ご了承ください 今日は缶バッジの私なりの梱包の仕方です。

Next

弊社では出来上がった缶バッチを検品した後、10個程度ごと緩衝材にくるんでいきます。 万全のチェック体制で粗悪品を逃しません。

Next

手間はかかりますが、 バラバラに梱包するようにしましょう。 配送中の事故による損害賠償はありませんがA4程度の大きさで厚さが3センチまで可能です。 やっと梱包。

Next

それ以外のものは基本的にビニール梱包になります。 ラッピングコーナーに見当たらない場合は、一度他のコーナーも覗いてみるといいでしょう。

Next