安楽 死 賛成。 高須院長「僕は安楽死に賛成」

) 病気知らずで生きてこれた人なので、ちょっとした不調にもわがままです。

Next

先日、とある安楽死に関する討論会で、ある先生が 「日本人は、ついに安楽死制度を手に入れた!それを自分たちの手でマネジメントできるほどに成熟した社会を手に入れた、と言える日がくることを期待します」 という趣旨のことをおっしゃっていたが、僕自身もその未来を目指していくことに賛成である。 このように、21世紀になってから世界全体で安楽死に関する議論の高まりや、その制度化が整備されてきている。 」 「自身の意識の中では有ってもよいと思いますが、法制化の上で検討するべき事が多いとおもいます。

Next

脳溢血で半身まひの78歳の母親が、娘のポストマ女医に「私の終末を手助けして欲しい」と懇願。

Next

2兆円は、日本の税収と同じ額です。 でも、現実的には多くの日本人が、「親の介護問題」と「自分の死に方」について考えなければいけない時がきています。

賛成派のもう一つの主張は、もし合法化されても、安楽死というのは死に方の一つの選択肢に過ぎないのであり、安楽死を望む人のために法律として選択肢を設けておくのはもっともなことであるということである。 安楽死の適応としましては、主に病気などによる終末期や他に苦痛の緩和の見込みがないなどという医学的な病症や疾患を伴うことが条件になっております。 私の父は間もなく90歳ですが、安楽死と尊厳死の違いは明確に理解していません。

Next

でも場合によっては・・・。

Next