鄧小平 日本。 鄧小平高瞻遠矚 中日關係友好發展

.邓小平纪念网--人民网 [引用日期2015-09-07]• では「日中二千年の歴史に比べれば両国間の不幸な時期など瞼の一瞬き(ひとまばたき)にすぎない」と日本の首脳に述べたという。 Xinjiang: China's Muslim Borderland illustrated ed. 天児(2013年)115ページ• China Shows How to Bury It". 第二次天安門事件後には一切の役職を退くが、以後も的な影響力を持った。 1984年7月2日. 教育是一个民族最根本的事业。

Next

首都でのとの会談に臨んだ後、、、などの工業地帯を訪れ、ロケットや航空機、自動車、通信技術産業を視察。 Publication date : September 3, 2013• .人民网 [引用日期2021-05-18]• つまり社会主義社会で知識の有る者、権力の有る者が階級という集団をつくり、肉体労働者、底辺労働者を支配するというとその左の思想を継承した「文革派」を、外交をテコに実態で崩していく路線であった。 」(網路截圖,取自weibo. 大躍進政策失敗の責任を取って毛沢東が政務の第一線を退いた後、総書記の鄧小平は国家主席のとともに経済の立て直しに従事した。

Next

の国連資源総会に出席した際、中国は過去も、現在もを求めておらず、将来強大になってもを求めないと演説した。 .邓小平纪念网--人民网 [引用日期2014-08-20]• .人民网 [引用日期2021-05-18]• 毛沢東と周恩来の合意の下、1973年3月鄧小平は、国務院副総理の職務を回復した。

Next

在談判桌旁,外務省條約局條約課首席事務官東鄉和彥聽到中國終於同意聲明時,高興地與上級在桌子底下握手。 1989年5月、鄧小平は訪中したソ連の最高指導者と会談して関係正常化で一致し、を終結させた。

Next

1955• 而胡耀邦下台事件中,習近平只是三十出頭的地方官員。 には蜂起したものの根拠地を失った部隊と共に率いる江西に合流し、県書記となる。 北京:中央文献出版社, 2008. しかし、周や鄧の「脱文革」と「整頓・建設」路線は、文革の推進者であるらの「」の激しい攻撃にあった。

Next

兩國互訪總人數幾乎是 1978 年的五倍。 これは最も鄧が好んだ言葉であり、毛沢東が鄧を弾劾する際にその理由の一つとしている。

Next

對日本的訪問 [ ] 2月6日至8日,在結束訪美行程之後的回國途中,鄧小平在停留兩日,對日本進行訪問,這是鄧小平繼以來第二次赴日。 Osborne, Milton E 1994. 逸話 [ ] 八路軍時代(1938)• 文化大革命中に紅衛兵の攻撃を受け、4階のビルから転落して下半身麻痺を患っています。

Next

最近では、世界最先端のハイテクの導入に関心が移っている。

Next