田辺 中央 青果。 7月のP

収穫されてから消費者の手元に届けるまでのリードタイムをいかに縮めていくのか、常に時間と戦ってきました。 和歌山の梅の代名詞といえば『南高梅』でしょう。 「青梅」は6月に最盛期となり市場が梅いっぱいに埋め尽くされます。

外皮が柔らかく肉厚で種が小さいのが特徴で、主に梅干しや梅酒の加工に使用されます」 南高梅が出荷されるのは主に6月。

Next

申請フォームを表示 田辺中央青果株式会社の基本情報 田辺中央青果株式会社の基本情報です。 関連情報• ところがP-プラスに入れて出荷すると青みを維持することができて、ロスも非常に少なくなると、沖縄の方々は非常に喜んでくださっています」 改めて言うまでもなく、農産物にとって鮮度は命。

Next

逆に熟度を進行させて黄色くなった梅をあえて出荷する6月後半には防曇袋を使用するなど、使い分けて出荷をするようになっているといいます。 農産物を通じて旬や季節感をお届けするのも、私たちのような食品流通の担い手の大きな役割だと自覚しています。 「社内に商事部門を設置し、和歌山県内のみならず、関西圏、および一部全国の問屋やスーパーマーケットへの商品供給事業を展開。

Next

逆に黄色く熟した梅を使用すると、とてもやわらかな梅干しをつくることができる。

Next

「和歌山県産の梅を現在、沖縄にも出荷しています。 詳しくはこちらをご覧ください。