互いに 素 で ある 意味。 互いに素であるの意味②

どういうことなのでしょうか。

Next

1 ~ 4 の不等式が成り立っているとする。 正確には、13と7の最大公約数が1であるということです。 ------ まあ、要は「整数aと整数bが互いに素」とは『整数aと整数bの最大公約数が1である』ということを意味しています。

Next

Graham, R. 一般の n 個の整数についても同様に定義される。 (互いに素でないとも言えません。

Next

互いに素の説明の終わりに いかがでしたか? 互いに素の説明だけではそれ自体が何の役にたつかがわかりませんが、互いに素という考え方がなければ既約分数を文字式で表すことができませんし、や不定方程式への応用など、様々な場面で互いに素という考え方が重要になります。 例題の前に、互いに素の意味を確認しておきます。 素因数分解によって公約数を調べる方法よりも、によって最大公約数を調べる方法のほうが遥に速い。

多分,加算無限大個だけある。 1 『X-1、X、X+1』とすると X-1 X+1 =6X-1 X^2-1=6X-1 X^2-1-6X+1=0 X^2-6X=0 X X-6 =0 X=0,6 X=6の時 5,6,7 X=0の時 -1,0,1 答えは3つの正の整数だから 5,6,7 2 『X、X+1、X+2』とすると X X+2 =6 X+1 -1 X^2+2X=6X+6-1 X^2+2X-6X-6+1=0 X^2-4X-5=0 X+1 X-5 =0 X=-1,5 X=-1の時 -1,0,1 X=5の時 5,6,7 答えは3つの正の整数だから 5,6,7•。 互いに素な整数の組の生成 [ ] このアルゴリズムによる互いに素な組の生成の順番。

【性質】 ユークリッドの互除法などにより、互いに素な二つの整数 x, y に対して、ax+by=1 を満たす整数 a, b が存在することは保証される。 このとき、13が7の倍数でないことと、7が13の倍数でないことを合わせて、「13と7は互いに素」というふうに言います。 整数の場合に、 1 と 2 は互いに素かどうかを問わないのと同じです。

参考書の解説の一部がわからなくて困っています。