現金 書留 速達。 10万円までの現金書留ならこちらの料金早見表で(お札のみ)|増税後の料金で紹介します

郵便局留については、下記の記事を参考にしてください。 現金書留の基本料金 (10,000円まで435円・以降5,000円アップごとに10円ずつ加算) の合計になります。

Next

但し、郵便ポストへの投函の場合、 どうしても集配の時間がかかるので、 一刻も早くという場合は、 郵便局の窓口まで出向いて、発送することを おすすめします。 手紙などでもおなじみの「速達」。

2013年4月からゆうパック伝票の記載が必要となり、航空会社から航空輸送禁止品の指定をされました。

Next

2.現金封筒の表面に送り先と差出人の住所氏名を記載します。

Next

)の郵便物としなければならない。 現金書留の配達日数はどれくらい? では、具体的な現金書留の配達日数ですが、 仮に 午前中に差し出しますと、日本全国どこでも 翌日には届きます。

Next

元旦の1月1日の配達で出す方が多かったです 使用上の注意 ・現金を郵便で送る場合は、この封筒を使用し、書留として、必ず郵便局の窓口にお出しください。 封筒の種類 現金書留の封筒には、下記の2種類があります。

Next

配達証明・・・・・・・・320円• 配達されます 発送後は追跡状況を確認します 急ぎ扱いの希望をしなかった場合。 注意したいのは、送る現金の金額によって現金書留料金が加算される点、サイズや重さによっては定形サイズではなく定形外サイズになる点です。 一方、速達は通常の郵便よりも一刻も早く配達したい場合に、 使う郵便になります。

現金書留用封筒の仕様変更点をまとめてみました。

Next