口腔 ケア 観察 項目。 高齢者看護における口腔ケアの観察ポイント|ハテナース

~ 看護の質を向上させるワンポイント ~ スクラビング法とバス法をマスターすべし!! スクラビング法は歯ブラシを歯に対して90度で当てて磨いていきます。 口腔ケアの観察は『初めて口腔ケアを行う場合』と『その変化を確かめる場合』に実施します。 患者さんに寄り添った苦痛の少ない吸引の技法を紹介 【記事】 吸引カテーテルはむやみに奥に入れればよいわけではなく、推奨される挿入距離が決められています。

Next

関連記事 嚥下障害や片麻痺など合併症のある患者さんへの口腔ケアのコツはこちら 口腔ケアの手順 1. 口腔内に残差物が溜まっていることによる口臭や口腔内の細菌感染を防ぎ、二次感染を予防することができます。

Next

介護が必要な高齢者に対して口腔ケアを行うことで誤嚥性肺炎を発生率を下げる効果が期待できます。

開口できない人のケア 開口できない原因を確認したうえでケアを行うことが大切です。 その場合は、加湿を行い、痰を柔らかくして吸引しやすくします。 食形態を変える前に、まだできることが残されているかもしれません。

Next

ここでいう整髪とは、「ブラシの準備」「整髪料の準備」「髪をとかす」「ブラッシングする」などの整髪の一連の行為のことです。

Next

しつこい汚れにはオキシドールの希釈液などを使用します。

Next