就労 条件 総合 調査。 調査の概要|厚生労働省

お問い合わせ先 厚生労働省就労条件総合調査事務局 TEL 0120-178-857(土日・祝日及び年末年始を除く 9時~18時) FAX 03-6825-4062 mailto: syurou surece. 人事制度のトレンドを把握するとき、人事に関する諸制度の運用について検討するときに、是非、活用してみてください。 採用されている変形労働時間制の種類別にみると 1位「1ヶ月単位の変形労働時間制」2位「1年単位の変形労働時間制」3位「フレックスタイム制」となっています。 また、所定内賃金に占める諸手当の割合を企業規模別にみると、規模が小さいほど高くなっている。

Next

・半角括弧「 」…括弧内の検索条件を優先します。

Next

9%、「中小企業以外」が58. 「-」を指定するときは前に空白が必要です。 ・例 国勢調査 and 人口. さて、皆さんは、現在、どの科目を勉強されていますか? 「労務管理その他の労働に関する一般常識」は、まだ勉強されていない方が多いでしょう。 6千円、「役付手当など」41. 第17表 企業規模別にみると、「特殊作業手当など」「特殊勤務手当など」、「地域手当、勤務地手当など」「住宅手当など」「単身赴任手当、別居手当など」、及び「調整手当など」は、規模が大きいほど支給企業割合が高く、「役付手当など」「精皆勤手当、出勤手当など」は規模が小さいほど支給企業割合が高い(第18表)。

Next

これは、賃金制度、労働時間制度、労働費用、福祉施設・制度、退職給付制度、定年制等について総合的に調べるもので、厚生労働省が毎年実施しています。

Next

0日、 そのうち労働者が取得した日数は10. 3 平成30年調査の調査対象数、有効回答数及び有効回答率 調査客体数 6,370 有効回答数 3,697 有効回答率 58. この結果に関しては、平成28年度試験で、 「年次有給休暇の取得率は、男女ともに50パーセントを下回っている。

Next

1.就労条件総合調査とは これまでのコラムでは、統計調査を使った給与水準等の調べ方を説明してきました。 6% 前年に比べ、2. そこで、 社労士試験の学習範囲で最も厄介なものの一つに「労務管理その他の労働に関する一般常識」に 含まれる「 労働経済」があります。 」 という問題が出ています。

Next

調査画面にログインします。 このように、就労条件総合調査は、人事制度の導入・運用状況をつかむことができます。 (1)労働時間制度 次の調査項目について産業・企業規模別に集計されています。

Next