御田 舞。 仁比山神社御田舞(2016.4.20) 佐賀県神埼市神埼町仁比山

「民俗芸能等に関する保護、育成を図るため、適切な方策を講じ、もって郷土の民俗芸能等の保存と発展に寄与すること」を目的として昭和50年3月15日に発足し、和歌山県内の祭りや芸能など、民俗文化財の振興、普及・啓発、調査研究等を行っている。 地図・行事一覧・索引を付し、簡単な交通案内も掲載。 山伏と信者が火渡りによって燃えた炭の上を歩き、煩悩や邪悪なものを焼払うもので、古の神事を今に再現したものです。

Next

勅使の指示でトゾウが舞台を 3周して舞を促します。

Next

春には「卯の祭り」が 13日間あり、 7日間を「田作り神事」と呼ぶ。 代宮司に泥を浴びせて、泥の付き具合で農作物の作柄を占う奇祭である。

御田舞に先き立ち、褌裸姿の成壮年男子が阿弥陀堂の外陣でサイト(いろりに似た火鉢)のまわりで円陣を組みながら謡囃子【うたいばやし】に合わせて「裸苗押【はだかないお】し」と称する押合いをする。 神埼そうめん祭り 5月 380年の伝統を誇る神埼特産の「神埼そうめん」の美味しさを広く知っていただこうと、毎年5月のゴールデンウィークに、神埼そうめん協同組合により吉野ヶ里歴史公園でそうめん流しを中心としたイベントが開催されています。

Next

和歌山県の祭りと民俗 和歌山県民俗芸能保存協会=編 和歌山県の祭りと民俗 和歌山県民俗芸能保存協会 編 ISBN978-4-86249-405-4 きのくに民俗文化財ガイドブック 和歌山県内全域を対象に、伝承され今も残る祭りや芸能、季節の祭礼行事を、オールカラー183 点の写真と解説で読み解く。 問い合わせ先 神埼市体育協会 神埼中央公園体育館内 電話:0952-52-3750 百手祭 1月 神埼市重要無形民俗文化財指定 昭和48年 1月の第4日曜日に神埼町横武地区の乙竜神社で行われる「百手まつり」は、豊作や健康など、1年の運勢を1人5本の矢で3種の的を射て占う祭りです。 関連項目 [ ]• みゆき大祭は、2年に一度、4月の第1土・日曜日に行われ、初日は夕方から二丁目の下の宮への「お下り」、翌日は午後から上の宮への「お上り」と呼ばれる神事が行われます。

Next

脊振不動明王「採燈大護摩供 さいとうおおごまく 」 11月 脊振神社の採燈大護摩供は、毎年11月3日に脊振神社で開催されます。 昭和56年に国の重要無形民俗文化財に指定されています。

泥がハネ飛んでくるお祭りとして、宮崎県美郷町の「田代の御田祭」がある。 滋賀県の日吉神社から伝えられたといわれ、約1200年続いています。

Next

崎村獅子舞、小森田女浮立 11月 崎村獅子舞 小森田女浮立 千代田町崎村地区にある冠者神社で奉納される芸能。 宮中では、仲春 2月 4日(現在は 2月 17日)に「祈年祭(トシゴイマツリ)」が行われた。

Next