自家製 梅干し。 自家製梅干しは干した後どうする?3つの保存方法を詳しく解説!|生活の知恵大全

『日当りのよいところで干し(日中2~3回ほど上下を返して)、夜は室内に取り込む』、この作業をできれば3日連続で行います。

Next

その時にだいたい3日3晩干すことで、 効率よく乾燥が進み、梅干しとなります。 というのも、漬ける時期はカビが繁殖しやすい時期だからです。 水気をふいた梅はバットやざるに移しておきます。

すべて取り除けたら、ボウルなどに移してため水の中で梅をやさしく洗って水気を切ります。

Next

【余談】 野生の猿は海の塩水を飲まないし、舐めもしない。 Pinterestでこのページを保存. この水(漬け汁)が白梅酢。 揉んでいくと黒い灰汁が出ますので、捨てます。

もしカビが生えてしまった場合でも、処理をすれば大丈夫。 容器も汁ごと日に当てる。

Next

梅は全体に日が当たるよう途中で裏返し、ザルの位置も適宜調整する。

Next

熟した梅は柔らかいのでやさしく扱いながら、洗う前に梅の黒いヘタを1つずつ取り除く作業を行います。

Next