桐 壺 の 更衣 品詞 分解。 源氏物語『桐壺』解説・品詞分解(2)

朝夕(あさゆふ)の宮仕(みやづかへ)につけても、人の心をのみ動かし、恨(うら)みを負(お)ふ積(つ)もりにやありけむ、いと篤(あつ)しくなりゆき、もの心細げに里(さと)がちなるを、いよいよ飽(あ)かずあはれなるものに思ほして、人のそしりをもえ憚(はばか)らせ給(たま)はず、世の例(ためし)にもなりぬべき御もてなしなり。

Next

(近代になって、心と体が分離するんですよね)だから、病気になるとおまじないで直す。 更衣(かうい) 女御に次ぐ天皇夫人。

[現代語訳] 命婦は、『帝はまだお寝みあそばされていなかったのですね』と、しみじみと見ておられる。 と、梨の花に例えています。

Next

ところが、帝は自分のせいとも思わずにむしろ周囲に遠慮することもなくますますべったり。

Next

ありがたい気持ち、もったいない気持ち、そして自分が小さくなるような気持ち。

Next

「る」をとってuですから。

Next

同じ身分、またはそれより低い地位の更衣たちは、女御がたにもまして気が気でない。 (インクレディボー!) にわかには信じがたい事態です!! 遠き慮(おもんぱか)りなければ必ず近き憂いあり と言います。

Next