循環 型 社会 形成 推進 基本法。 山口県/廃棄物・リサイクル対策課/循環型社会形成推進条例・条例

使用済製品やリユース食器等、2Rに係る検討の状況、先進的事例の紹介等を行っています。

Next

2 循環資源の循環的な利用及び処分に当たっては、環境の保全上の支障が生じないように適正に行われなければならない。 3 前項に定めるもののほか、製品、容器等であって、これが循環資源となった場合におけるその循環的な利用を適正かつ円滑に行うためには国、地方公共団体、事業者及び国民がそれぞれ適切に役割を分担することが必要であるとともに、当該製品、容器等に係る設計及び原材料の選択、当該製品、容器等が循環資源となったものの収集等の観点からその事業者の果たすべき役割が循環型社会の形成を推進する上で重要であると認められるものについては、当該製品、容器等の製造、販売等を行う事業者は、基本原則にのっとり、当該分担すべき役割として、自ら、当該製品、容器等が循環資源となったものを引き取り、若しくは引き渡し、又はこれについて適正に循環的な利用を行う責務を有する。

Next

小型家電リサイクル法 2012年に制定された小型家電リサイクル法は、使用済みとなった携帯電話やデジタルカメラなどの小型電気電子機器の適切な処理および資源の有効活用を目的としています。

Next

拡大生産者責任は、物理的責任(回収・リサイクル等の実施の責任)と金銭的責任(費用支払責任)の双方を含みます。 はじめに 山口県では、環境への負荷の少ない循環型社会の形成に向けた取組みを一層推進し、次の世代により良い環境を残すため、山口県の廃棄物・リサイクル対策を総合的かつ計画的に推進するための基盤となる制度として、「山口県循環型社会形成推進条例」を制定しました。 環境基本計画及び循環型社会形成推進基本計画以外の国の計画は、循環型社会の形成に関しては、循環型社会形成推進基本計画を基本とするものとする。

Next

国は、製品、容器等が循環資源となった場合におけるその循環的な利用が適正かつ円滑に行われることを促進するため、当該循環資源の処分の技術上の困難性、循環的な利用の可能性等を勘案し、国、地方公共団体、事業者及び国民がそれぞれ適切に役割を分担することが必要であり、かつ、当該製品、容器等に係る設計及び原材料の選択、当該製品、容器等が循環資源となったものの収集等の観点からその事業者の果たすべき役割が循環型社会の形成を推進する上で重要であると認められるものについて、当該製品、容器等の製造、販売等を行う事業者が、当該製品、容器等が循環資源となったものの引取りを行い、若しくは当該引取りに係る循環資源の引渡しを行い、又は当該引取りに係る循環資源について適正に循環的な利用を行うよう、必要な措置を講ずるものとする。 この考え方によって、生産者に対して、最も環境適合的な製品を作り出す(環境適合(配慮)設計:Design for Environment〈DfE〉)インセンティブ(動機付け)が与えられるとされています。 )を使用し、循環資源を分別して排出する等、循環型社会の形成に自ら積極的に努めるとともに、本市が実施する循環型社会の形成に関する施策に協力する責務を有する。

Next

自動車製造業者・輸入業者は、これらの引取りとリサイクルを行う。 【環境物品等の調達】 知事は、県における環境物品等の調達の推進に関する方針を定めなければならない。 廃棄物の適正処理 第3 みやぎが目指す循環型社会の将来像 一般廃棄物及び産業廃棄物の排出量,リサイクル率,最終処分率について目標値を定めました。

環境大臣は、第四項の規定による閣議の決定があったときは、遅滞なく、循環型社会形成推進基本計画を国会に報告するとともに、公表しなければならない。

Next