Pstn マイグレーション。 技術広報のすすめ―PSTNマイグレーションに関して―

そうなると、車両はもとより、駅、トンネル、鉄橋などの施設や鉄道レールのカーブの緩和など、あらゆるものを、JR各社だけでなく、競合する私鉄においても同様の移行措置が必要となり、発生するコスト負担をどうするのか、利用者の不便を抑制し利便をどのように確保するのか、など国家的な大問題となるはずです。 IT分野では、新しいプラットフォームへの移行を指す。

Next

いずれをとっても、利用目的を限定した利用は可能ですが、汎用的な回線としての利用は困難です。 普及したブロードバンドインターネットの恩恵を受けられるため、加入電話およびINSネットを通信回線として利用する従来のEDIと比較すると、遙かに高速なデータ送受信が可能となります。

Next

次に、加入電話やINSネット音声モードを利用していたEDI利用ユーザですが、ここではメタルIP電話が提供されます。 メタルIP電話補完策に関しては、2027年の提供終了に備えてその後の対策も考えておかねばなりません。 ここでは、その一部についてご紹介します。

Next

これまで1通信20円、30円という単位で数百、数千の送受信先と通信してきたINSネットEDIの代替案としては、あまりにも高額すぎます。

Next

現在では、電子情報技術産業協会(JEITA)ECセンターによって更新/普及活動が進んでいます。 2017年3月、NTTの提供するテスト環境でメタルIP電話の伝送速度を検証。 最後の「無線」を利用するというのも現実視しにくい案です。

Next

これによって証明書付きの暗号化対応が可能になります。 だからといって「この先も固定電話は使える」と安心しないでください。

そのため事業者間をまたぐ通信を実現するとなると割り増しコストが発生し、また、経由が増えることで伝送時間にも影響を及ぼします。