山 専 ボトル。 山専ボトルは買わなかった

もちろん性能も優れています。 ただやっぱり0. ボディリングが付いているのグローブを着用していても掴みやすいです。

Next

しかし保温効力は6時間で74度以上、24時間で46度以上、保冷効力は6時間で10度以下と、圧倒的に山専ボトルの方が保温効果は高くなっています。 ちょい飲み用に0. ただし、実際に使用してみると確かに進化していると思いました。

Next

底のシリコンゴムは17g。

Next

山専ボトルを登山で使うべき理由• 軽さも勝っていますが、山専ボトルは底やボディのシリコンを外せば260gになるので、外した場合は重量は山専ボトルが勝ちです。

Next

つまり 保温力が高いとカップに湯を注ぐのが面倒・・・、飲みやすい仕様だとヌルくなるのが早い・・・。 ちなみに、私ならシグです。 違いを比較してみると、まずは容量に違いがあります。

Next

カフェを想起させる色合いで、インスタ映えにぴったりの雰囲気! 山専ボトルを山で使うべき3つの理由 ここからは、山専ボトルが登山に向いている理由を3つ解説します。

Next