飯田 線 復旧。 飯田線は運転再開に約3ヶ月、高山本線は一部区間除き7月20日までに運転再開 JR東海発表

降りる客も乗る客もいなかった。 このほか高山本線では、飛騨小坂~渚間も隣接する国道41号で大きな被災があった影響で不通となっており、この区間は道路管理者とJR東海が連携し、当該区間の復旧計画が進められています。

Next

流石の313系もちょっと音が鈍くなる程度には、頑張って登っている感じはあります。

Next

そろそろ紅葉が綺麗かな」と車窓の絶景を想像する人も。 詳細は別途告知される。 田本駅同様、絶壁に位置する。

Next

(1)高山本線 高山本線の被災箇所のうち4箇所はすでに復旧済み。 当時は、日本三大桑園と呼ばれ、桑畑が広がっていたり、駅前には商店街や民家がありましたが、いずれも大きな被害を受けました。

Next

飯田線がまだ豊川鉄道という私鉄だった頃、愛知電気鉄道(現名鉄)が現在の豊橋駅に乗り入れるために行った計画の名残です。 秘境駅を巡る観光列車が走るのは、秘境駅の散策以外にも車窓の楽しさがあるのかもしれません。 この区間は斜面を等高線上に走っていくので、途中で小さな川を跨ぐ区間に入ると… ものすごいカーブになり、 短編成の飯田線でも後ろの車両から先頭が見えます… 田切駅付近の急カーブ。

Next

車窓の渓谷美も自慢で、行楽シーズンには全区間を約7時間かけて乗り通す人もいるほど。 何やら怪しい線路がこちらへ向かっている… ここからはご存知 「名鉄とJRが同じ線路を走る」という非常に変わった区間です。

Next

運転日は11月13日~15日と21日、22日。 少なくとも この区間は秘境路線という雰囲気はありません。

Next

運転士側(先頭)からドア扱いをしたり(車内できっぷを売った後に最後部に戻る時間的ゆとりがないため)、 ホームを駆け足で行ったり来たり(きっぷを回収したあとすぐにドアを閉めなければならないため)する姿は飯田線ならでは… 飯田線の車掌さんは全国で最も体力のいる車掌さんかもしれません。 メデタシ、メデタシ 令和2年9月28日15時58分飯田発豊橋行特急ワイドビュー伊那路4号F8編成 この区間の運転再開で飯田線全線で運転されることになって、運休していた豊橋と飯田を結ぶ特急ワイドビュー伊那路号も運転再開しました。

Next