意見 具申 使い方。 「意見具申」の用例・例文集

「具申」は、「言う」や「申し上げる」に比べて ややフォーマルで堅い印象を与えることばです。 意見の類語 意見の類語・類義語としては、どうするつもりかという考えを意味する「意向」、持論を強く言い張ることを意味する「主張」、目下の者に物事の道理を話し聞かせることを意味する「諭す」、目上の人の過失を指摘して忠告することを意味する「諫言」(読み方:かんげん)などがあります。

Next

「具申」とは、 目上の人に対して意見や希望を詳しく述べることをいいます。 「けんげ」と読む場合、意味は異なり、洞察力の意味になります。

見解という言葉は、物事に対する考え方や価値判断を意味します。 意見の意の字を使った別の言葉としては、自分一人の考えを意味する「我意」、気持ちを集中して励むことを意味する「鋭意」、決意をひるがえすことを意味する「翻意」などがあります。

あの学生たちには 意見しても無駄だ…It's no use reasoning with those students. 意見を求める…ask a person's opinion/ask a person's view• したがって、日常会話やSNS上でというよりも公文書や会議録といった文章の中で用いられます。 意見を出してくれたことに対する感謝の気持ちであれば、「ご教授頂きありがとうございます」「ご尽力頂きありがとうございます」のような表現をするようにしましょう。 二つ目の意見を使った分かりやすい例としては、「他校の生徒と意見を交換する」「自分の意見を述べる」「自分の意見を批判されるのが怖い」「意見文の書き方を教わった」「意見を挙げて下さい」などがあります。

Next

解決案を提言する• 例えば、「改善策を提言する」ならば「自分が考えた改善策を、会議などで多くの人の前で発表する」という意味になります。 助言の読み方 助言は「じょげん」と読みますが、「じょごん」という読み方もあります。 この言葉がよく使われる場面としては、相手の手助けになるように意見を言うことを意味する時などが挙げられます。

「進言」の意味と使い方 「進言」は「 しんげん」と読みます。 例えば、「減量するように医者に意見された」などと使います。

Next

すなわち、新たに関東管領となった滝川一益に上州から三国峠を越えて越後に侵入する勢いを示させ、同時に新たに信州川中島四郡の主となった森長可をして太田切口から関山を越えて越後に入り、真直に北上して春日山城を衝くけはいを示させたのだ。

Next

改正案を提言する• 提言と進言と助言どれを使うか迷った場合は、意見や考えを出す場合は「提言」を、目上の人に対して意見を述べる場合は「進言」を、相手を助けるような意見を出す場合は「助言」を使うと覚えておけば間違いありません。 提案者 というような使い方をします。