福岡 コロナ ウィルス 感染 者。 チャートで見る日本の感染状況 新型コロナウイルス:日本経済新聞

民間検査機関におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 4月9日 A医療機関を再受診,肺炎あり B医療機関を受診• 「人口10万人あたり感染者数」の人口は総務省統計で2019年10月1日時点。

Next

4月25日 帰国者・接触者外来を受診• 夫は職場への通勤は自家用車を使用していたという。

Next

国において対応可能な民間検査機関を決定しておりますが,全国からの検査を受託することから,都道府県単位で十分な検査体制を確保するための調整を行うこととされております。

Next

ここから感染症指定医療機関を受診することになり、2月20日に新型コロナウイルス感染が確定したとのことだ。

Next

新型コロナウイルス陽性が判明し、夫と同じ感染症指定医療機関に入院。 ) 31日に 12人(詳細は下記参照)【PCR検査数 211件】 北九州市が 小倉南区の10代男性が2人( 小学生と中学生)・10代女性が3人( すべて小学生)・30代男性( 医療スタッフ)の計6人 小倉北区の10代男性( 中学生)・20代女性( 医療スタッフ)・ 八幡西区の80代男性・年齢調査中の女性 福岡市以降詳細不明の40代男性( 医療スタッフ)・ 豊前市の20代女性( 医療スタッフ) 30日に 17人(詳細は下記参照)【PCR検査数 298件】 北九州市が 小倉南区の10歳未満男児( 小学生)・20代男性が3人(3人共も 医療スタッフ)・20代女性( 医療スタッフ)・30代女性( 医療スタッフ)・40代女性( 医療スタッフ)の計7人 小倉北区の20代男性が2人(どちらも 医療スタッフ)・30代女性( 医療スタッフ)の計3人 八幡西区の30代男性・80代男性・ 門司区の30代女性・70代男性・ 八幡東区の30代男性( 小倉北特別支援学校教諭)・ 戸畑区の40代女性 福岡市南区の70代男性( 死亡) 29日に 26人(詳細は下記参照)【PCR検査数 364件】 北九州市が 小倉南区の30代男性が2人(どちらも 医療スタッフ)・30代女性( 医療スタッフ)・80代女性の計4人 小倉北区の10代男性( 中学生)・20代男性が2人(どちらも 医療スタッフ)・70代男性・20代女性( 医療スタッフ)・80代女性の計6人 八幡西区の20代男性が2人(どちらも 介護施設職員)・30代男性・40代女性が2人(どちらも 介護施設職員)・60代女性( 介護施設職員)・80代女性・90代女性が2人の計9人 八幡東区の40代女性( 介護施設職員)・ 戸畑区の70代男性・90代男性の計2人・ 門司区の60代男性( 介護施設職員)・ 若松区の50代男性( 介護施設職員) 築上郡の40代女性( 医療スタッフ)・ 遠賀郡の60代女性( 介護施設職員) 28日に 21人(詳細は下記参照)【PCR検査数 247件】 北九州市が 小倉南区の10代女性( 市立守恒小学校)・30代女性が2人( どちらも医療スタッフ)・10代男性( 市立企救中学校)・30代男性( 医療スタッフ)・80代男性の計6人 小倉北区の30代男性( 医療スタッフ)・50代男性( 北九州市消防職員)・20代女性( 医療スタッフ)・30代女性( 医療スタッフ)の計4人 八幡西区の30代男性・70代女性の計2人・ 八幡東区の30代男性( 介護施設職員) 門司区の30代女性( 医療スタッフ)・40代女性( 医療スタッフ)の計2人・ 若松区の20代女性( エステサロン従業員) 中間市の70代男性・ 直方市の30代男性( 介護施設職員)・ 行橋市の20代女性( 医療スタッフ) 下関市の40代女性( 医療スタッフ)・50代女性( 医療スタッフ)の計2人 27日に 8人(詳細は下記参照)【PCR検査数 173件】 北九州市が 小倉南区の20代女性( 医療スタッフ)・30代女性( 医療スタッフ)・70代女性・ 小倉北区の20代女性( 医療スタッフ)・ 八幡西区の40代女性( 医療スタッフ)・80代女性( 5月28日に死亡)・ 若松区の70代男性 行橋市の80代男性 26日に 2人(詳細は下記参照)【PCR検査数 210件】 北九州市が 小倉南区の80代男性・ 戸畑区の20代女性 25日に 6人(詳細は下記参照)【PCR検査数 66件】 北九州市が 門司区の50代女性( 小倉北特別支援学校教諭)・60代女性・70代男性・80代女性・ 小倉北区の80代男性・ 小倉南区の10代男性( 高校生) 24日に 4人(詳細は下記参照)【PCR検査数 55件】 福岡市博多区の50代女性(再陽性)・ 北九州市が 門司区の60代女性・ 八幡西区の80代男性( 死亡)・ 行橋市の80代女性 23日に 4人(詳細は下記参照)【PCR検査数 98件】 春日市の60代女性・ 北九州市が 小倉北区の30代男性( 小倉北特別支援学校講師)・ 若松区の50代女性( 上下水道西部工事事務所)・ 八幡西区の20代女性( 大学生) 22日に 0人【PCR検査数 102件】・21日に 0人【PCR検査数 137件】・20日に 0人【PCR検査数 139件】 19日に 0人【PCR検査数 168件】・18日に 0人【PCR検査数 32件】 17日に 1人(詳細は下記参照)【PCR検査数 105件】 福岡市南区の90代女性 14日に 1人(詳細は下記参照) 福岡市中央区の20代女性(看護師) 13日に 1人(詳細は下記参照) 博多区の70代女性 12日に 1人(詳細は下記参照) 嘉麻市の60代男性 10日に 1人(詳細は下記参照) 福岡市南区の90代女性 9日に 2人(詳細は下記参照) 福岡市西区の50代男性・ 博多区の10代女性 7日に 1人(詳細は下記参照) 福岡市南区の50代女性 6日に 1人(詳細は下記参照) 福岡市中央区の30代女性(看護師) 5日に 1人(詳細は下記参照) 糟屋郡の40代女性 4日に 1人(詳細は下記参照) 福岡市西 区の30代女性 2日に 3人(詳細は下記参照) 福岡市中央 区の30代女性(飲食店従業員)・ 福岡市西区の50代女性(看護師)・ 那珂川市の70代男性 5月1日に 3人(詳細は下記参照) 福岡市東 区の40代女性(看護師)・ 春日市の30代男性・ 久留米市の40代男性( キャバレー「Love Chain」の関係者) 30日に 3人(詳細は下記参照) 福岡市が 博多区の20代女性(看護師)と50代女性・ 福岡市以降不明の20代女性 29日に 14人(詳細は下記参照) 福岡市が 福岡市南区の70代男性・50代女性・90代女性の計3人・ 博多区の20代女性(看護師)・ 福岡市中央区の30代男性の合わせて5人 久留米市の20代女性・30代女性が2人・70代男性の計4人・ 北九州市が 門司区の20代女性(介護職員)・ 春日市の60代男性・ 太宰府市の50代男性・ 古賀市の10歳未満男児・ 詳細不明の40代女性 28日に 4人(詳細は下記参照) 福岡市が 早良区の20代男性(看護師)・ 博多区の80代女性 詳細不明の20代女性(看護師)と50代女性(介護士) 27日に 9人(詳細は下記参照) 福岡市が 早良区の60代女性(介護士)・ 福岡市南区の40代男性(介護士)と50代女性・ 福岡市中央区の40代女性と70代女性の合わせて5人 久留米市の20代女性が2人(どちらも飲食店従業員)・ 春日市の50代女性(看護補助)・ 福津市の30代女性 26日に 11人(詳細は下記参照) 福岡市が 早良区の30代女性・10歳未満男児・1歳未満男児・60代女性・50代男性・70代男性の計6人・ 福岡市南区の60代女性・70代男性の合わせて8人 久留米市の20代男性と60代男性・ 糟屋郡の50代男性 25日に 14人(詳細は下記参照) 福岡市が 博多区の30代男性と80代男性・ 福岡市中央区の30代女性と70代男性・ 福岡市南区の90代女性・ 早良区の60代男性の合わせて6人 久留米市の20代男性・70代男性・20代女性の計3人・ 大野城市の40代女性と50代女性・ 糟屋郡の40代女性(介護職)と10代男性(学生)・ 那珂川市の50代女性(介護職) 24日に 12人(詳細は下記参照) 福岡市が 博多区の70代女性・ 福岡市東区の20代女性(医療従事者)と50代女性・ 福岡市西区の50代女性・ 福岡市南区の80代男性・ 早良区の30代男性の合わせて6人 久留米市の10代男性・50代男性・30代女性・50代女性の計4人・ 春日市の30代男性・ 古賀市の20代女性 23日に 12人(詳細は下記参照) (うち退院1人) 福岡市が 博多区の50代女性・70代女性・80代女性・100代女性の計4人・ 福岡市中央区の20代男性・40代男性( 退院済み)・80代男性の計3人・ 福岡市以降不明の50代男性・70代女性の計2人の合わせて9人 北九州市が小倉北区の70代男性・ 春日市の60代女性(看護師)・ 糟屋郡の40代女性(介護職) さらに福岡県内で2名の 死亡が確認されました。 厚生労働省の電話相談窓口 電話:(フリーダイヤル) FAX : 03-3595-2756 (注意)9時~21時、土・日曜も受け付けます。

Next

詳細は,でご確認ください。 ) ・3月28日 父親が、当該患者に宗像・遠賀保健福祉環境事務所の帰国者・接触者相談センターに相談するよう指示し、同事務所に来所。 まずは手洗いが大切です。

Next

令和2年5月28日:• 解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます) 帰国者・接触者相談センター(宗像・遠賀保健福祉環境事務所) 連絡先:0940-36-6098 夜間・休日緊急連絡先 連絡先:092-471-0264 相談窓口 ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。 少しでも違和感を感じたら早めにご相談ください。 詳細は、をご覧ください。

県内511例目• 移動は自家用車で県外への旅行等は無し。