アシックス エボ ライド。 グライドライド・エボライドを履いたランナーの声は?アシックス新テクノロジー搭載シューズの特徴

今回の「EVORIDE」は、少ないエネルギーで足を前に運べる独自の機能を、ランニング初心者から上級者まで手軽に体感いただけるよう、重量や構造を工夫して設計しています。 レースでの着用はもちろん、日々のトレーニング、足にかかる負担に考慮したレース前後のランニングなどにもオススメの一足です。

Next

フルマラソンを走ったうえでの個人的な感想は、クッション性は十分で軽さもまずまずなので、脚の回転も確保できます。 キロ5とキロ4の中間あたりが最も心地よく走れるのではないか?と考え、私はキロ4分半で10km走ったのである。 しかし、ちゃんと練習した後このシューズでレースを走れば 練習してきた分の結果を期待できると思う。

私の足はこちらからご確認下さい。 フラットですが、パーツがつま先・前足・かかと内・かかと外で分かれています。 何度でも言いたいのですがこのシューズ11000円です。

ミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)は、軽量で高いクッション性と反発性をあわせ持つ独自開発のスポンジ材「FLYTEFOAM PROPEL(フライトフォームプロペル)」を採用しています。 コスパ最強シューズにランクイン!? 個人的には、接地の際の足離れの感触が最高なこの靴が、11,000円(税込)というのは、とてもコストパフォーマンスが良いと思います! スピードを出すような、インターバル練習には向いていませんが、ジョギング、ペースランニングなど幅広く使用できるのも、高得点です。 プラス軽いので足に負担を感じません。

Next

おはようございます。 メールにて発送日のご連絡をさせていただきます。 これだけのことなんですが、ちょっとリズムが… 案の定、初日は筋肉痛になりました。

しつこいようですが、決して値段だけでモデルを選ばないで欲しいシリーズではあります。 0 cm、31. が、メタレーサー、高そうですよね 笑. カーボンプレートはないが、反り返ったソールデザインが大きな推進力を生みだしてくれる。 はい、防水です。

アウトソールには前足部から中足部にAHAR エーハー 、踵部にはAHAR PLUS エーハープラス を使用したことで、反発性と耐久性を実現しました。 より快適に長距離ランを楽しめるようになった。 ・左右に履いて歩いてみると構造的に前に進む感覚はエボライドの方 がある。