カストロール gtx。 カストロール製エンジンオイルの人気おすすめランキング10選【徹底解説】|セレクト

高性能なのに手頃な値段のオイルもある 化学合成油を配合したオイルを数多く提供しているカストロールですが、何もハイスペックな車ばかりを対象にしたオイルというわけではありません。 0W-20• ただハイパワーターボ車やドリフト走行等冷却が追いつかない状況での使用は止めた方がいいと思います。

Next

4613円 税込• しかもこの硬度のオイルは熱に強くないのでエンジンが焼き付く恐れが有る場面では注意が要る。 カストロール社の化学合成油技術が詰まったフラッグシップモデルです。 オイル交換後、めでたく以前と同レベルの燃費まで持ち直しました。

Next

耐熱性に優れ、適正な粘度を保ちます。 省燃費車からハイパワー車まで• 低回転しか回さない人や、峠やサーキットを走らない人だと、鉱物油や部分合成油で充分だと思います。

エンジンオイル MAGNATEC Diesel 10W-40• そのためカストロールに取り換えたユーザーからは、「エンジンノイズが気にならなくなった」「気になっていたはずの振動が気にならなくなった」などの口コミが見られます。 エンジンオイル GTX 10W-30• エンジンオイル MAGNATEC HYBRID 0W-20• エッジは比較的高級なエンジンオイルです。 部分合成油• 鉱物油• エンジンオイルはそのベースオイルによって、鉱物油、部分合成油、化学合成油に分かれています。

Next

0W-20• 1-3. 度々ライバルメーカーであるモチュールと比較されるカストロールですが、品質に対する評価は両社ともかなり高いです。 目安として、高回転型のスポーツ車には化学合成油を、スポーティなやホットハッチなどには部分合成油を、ファミリー向けのや、普通車には鉱物油というふうに選択するといいでしょう。

Next

2㎞ほど燃費が低下してしまっていた…。 独自の新技術"チタンFST" チタン油膜強化技術 によって、強靭なオイル被膜が、 低温下での優れた始動性と、高温下における卓越した耐熱性を発揮して、エンジンパフォーマンスを引き出します。 全合成油• SP/GF-6• クラシックカー• それほど車に詳しい人でなくても、オイル交換の前と後では走りに違いを感じるのではないでしょうか?その感覚は正解です。

Next