いのち の 輝き くん。 おれは、2025大阪万博のロゴこと「いのちの輝きくん」と人類はお友達になれそう、と思ったんだが実際どうなんだろうか。とにかくネットは盛り上がった。(ネットサーフィン記2020/8/25)|tommy_kaku|note

デザインコンセプトは 「いのちの輝き」をテーマに、1970年大阪万博のDNAを受け継いだ「セル(細胞)」を意識した赤い球体をつなげた作品で、このロゴをデザインしたクリエイター集団『TEAM INARI』のアートディレクター、シマダタモツ氏は 「小さいころに万博で見たさんののような、パンチのあるロゴにしたかった。

Next

「いのちの輝き」もしくは「大阪万博」と発言したユーザーのプロフィール文章に含まれる単語の中で、最も多かったのは「描く」の117回だった。 「いのちの輝き」をテーマとし、1970年大阪万博のDNAを受け継いだ「セル(細胞)」を意識した赤い球体をつなげたロゴマーク。

本当にこいつがいろんな形になって、いろんなとこに定着していけば面い」 - より- Twitter上での扱われ方 一種ののようにも見えるそのは上でになり、にされたりが多数作られたりした。 概要 のロゴマークから誕生した生物、通称。

Next

さんのようなのある作品を作りたいと思っていた。 開発はまだのでようですが、大阪万博2025に向けて着々と開発が進んでいくものと思われます。

こういうものが通る万博にして欲しいなと思った」 「普通では考えられないけど、僕のなかではかわいい。 公式はおそらくキャラクターのつもりはなかったが、そのデザインが 「不揃いに連結した赤い円の中にいくつか目のようなものがある」というなんともだった事からこいつが爆誕してしまった。

Next

須藤文孝のcが勝つことを期待していましたが、それは間違いでした。 こちらは 粘土でいのちの輝きくんが作られています。

失敗作• 浮かび上がったコアな「ユーザー層」は... そして採用されたのはアートディレクター・シマダタモツさん率いる「TEAM INARI チームイナリ 」が作成したE案。 その他 文房具(クリアファイル)やピンバッジなども定番のグッズとなりますね。

Next