ムスカリ。 ムスカリ

育てるときに注意したい害虫 害虫による被害は、ほとんどありません。 かかりやすい病気 ムスカリがかかりやすい病気ですが、水はけの悪い状態で育てると、白絹病と呼ばれる白い糸状のカビが発生します。 夏に茂る宿根草など、生育開花期の異なるものと混植しておくと、スペースの有効利用にもなります。

(英語)• 近年 [ ]になって品種改良により観賞価値の高いものが作られると人気となって普及し、各地のや庭先などでごく普通に見られるまでになった。

Next

性質は大変丈夫で、花つきは悪くなりますが半日陰でも育つほどです• 取り木 取り木とは、幹や枝に手を加えて発根させたあと、切り取って新たに苗を作る方法です。

水栽培でおなじみのとは非常近縁の植物です。 毎年植え替えを行うことで防ぐことが可能です ムスカリの個人的な印象 オススメ度:80% とても強健で、放任でも花を咲かせてくれます。

Next

暖かい部屋の中は発芽に適さないため、玄関などの外の気温に近い場所へ置いておきましょう。 腐敗が進むと、白い糸で覆われたようになり、そのまま立ち枯れてしまいます。 花色は紫が強いものと青が強いもの、白色があります。

ミックスした一例色々な種類がありますが、「ムスカリ」の代名詞となっているのはムスカリ・アルメニアクムという種で、濃い青紫色の花を穂状に咲かせます。 罹病部の表面に光沢のある白いカビが広がり、若い茎の地際部(樹木などが地面と接するところ)を中心に地表面を這うようになります。 酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけの苦土石灰を1㎡当たり100gほど撒いて庭土に混ぜておきます。

ムスカリは、花が咲き終わったら、残った葉で光合成を行って球根を大きくします。 球根が完全に水に浸かってしまわないよう、水の量を調整しやすいものを選びましょう。 この節のが望まれています。

Next