ロック ンロール は 鳴り 止ま ない っ。 バンドがコロコロ転がってゆく話

ザ・バンドの素晴らしいところは、ロックンロールのバンド力だけではなく、含みのあるアメリカ音楽を表現するための歌声のハーモニーこそが大切だと想わせる、歌い手の個性が輝いていることだ。 震え、揺らぎ、伸びやかさ、合わさってかすれた、これらの混声が初期のザ・バンドでは美しく解け合う。 鮎川誠(シーナ&ロケッツ) 1973年に始まった内田裕也のニューイヤーロックフェスティバルが、この世界的なコロナのパンデミックの中、今年も開催されることが決定しました。

Next

それは全部手放した。

Next

いや、僕はビートルズのオリジナルレコードを持っていないのだった。

Next

バンドの音楽はその都度、原初性と洗練とのあいだで成長を見せてゆくが、聴くたびに思うのは、ザ・バンドが、田舎者の垢抜けないロックンロール遊戯ではなかったという事だ。 もしもビートルズの初期のストレートなビートサウンドをオリジナルレコードで聴いたなら、早々にもその印象は覆されるかもしれない。

Next

それはこの音楽制作の環境の変化によるものなのかもと想像した。 それでも後期のザ・バンドにおいても、その魅力が活かされる曲は少なくない。 CDも、レコードも、全部が素晴らしいとは言えないという事も言っておかなければいけない。

Next

」がスタートします。 そのなかでも、リチャード・マニュエル、リヴォン・ヘルムの歌は出立の時から完成されている。

Next

新しい音楽が、近年の音楽が、レコードで聴けるならそれはぜひ聴いてみたいが、全部がレコードになるというわけもなく、レコード盤で聴けるものは限られてくる。 そもそも、古い音楽を聴く理由はないのかもしれない。 > のロゴが入ります。

僕は幅広く音楽を知らない。 バンドが掛けた魔法の威力に呑み込まれる以上に、そこに溢れる感情の起伏と熱意の表明に、聴き手の感覚は押し寄せられ、渦巻かれてゆく。 スタッフの案内に従いご来場ください。

Next