小沼 正弥。 小沼正弥プロがバーストアッパー 140Fの使い方を紹介!!

バーストアッパー140F 使い方 小沼プロはバーストアッパーを 1m巻いたら1秒止めて使用しています。 釣りにくい状況ながらも、 セイゴサイズも合わせれば7尾ものシーバスをキャッチした。 「エバーグリーン、ダイワ、マドネス、シーガー、がまかつ、ヒフミクリエイティング、ピュアフィッシングジャパン、FUJIWARA、ハピソン」プロスタッフ。

時間は、トップウォーターといえば朝マヅメや夕マヅメですが、バーストアッパーは日中や夜でも使えます。 イワシホワイト ベイトフィッシュがイワシの時には、まずこの「イワシホワイト」を試してほしい。

Next

0cm 43. 先に言っておきますが個人について書くので悪いことは言わないです。 ともあれ最近釣りをしに行った8箇所中6箇所では結果が出ていて、河口や河川などの汽水域では大場所・小場所を問わずほぼハズレなしです。 小沼「クロスカウンター125Fは無風の見切られやすいタイミングでも釣れるし、荒れた状況にもしっかり対応してくれます。

Next

プロじゃないんでしょうね。 小沼「竿を立て気味にしてさ、 表層10cmをひたすら一定スピードで巻くってのを試して欲しいですね。 拘ったのは波紋の出方で、シーバスが居ると警戒信号としてイナッコが波紋を出しながら泳ぎますが、その泳ぎを忠実に再現しています。

Next

このロッドは43gのアマゾンを気持ちよくロングキャストできるパワフルなロッドなんですが、ティップが適度にしなやかなのが特徴。 ソフトな波動ながら、アピール力抜群という鉄板スピンテール。

Next